-パソコンデータの復旧

2009年7月アーカイブ

復旧業者にデータ復旧を依頼する際、気になることの順番としては「本当に復旧できるのか」「いくらかかるのか」「どのくらいの期間がかかるのか」といったところではないでしょうか?

私用で使っているメディアならともかく、仕事で使っているメディアの場合は、復旧費用よりも復旧期間のほうが重視されることも珍しいことではありません。企業の場合は仕事に「納期」というものもありますから、それも当然のことでしょう。

大切な仕事ですから、復旧期間が気になる気持ちはわかりますが、データ復旧で一番大切なことは、実は「あせらないこと」。ここであせってヘンな業者に引っかかったら、無駄な出費を強いられるだけでなく、ヘタをするとデータ復旧もできなくなってしまいます。復旧期間を重視しながら、ここでは「費用は成功報酬か」ということも重視してみましょう。

成功報酬を謳うということは、その業者の自信のあかし。こうした業者は成功しなければ成り立たないわけですから、その腕はある程度信頼できるでしょう。こうした業者の中から、さらに復旧期間の短い業者に絞って決めると失敗なく業者を決めることができます。

復旧業者にデータ復旧を依頼する場合、当然そのメディアを復旧業者に送付もしくは持ち込みしなくてはなりません。良心的な復旧業者なら、できるだけ早い期間で復旧作業を終わらせようと努力しているでしょうが、それでもある程度の期間、メディアが手元から離れることは覚悟しなければならないでしょう。

データ復旧にかかる期間は、その故障の度合いにもよるでしょうが、RAIDの障害のような復旧に高度な技術と長い時間を要するケースは別として、個人で普通に使っているメディアに関しては、比較的短期間で復旧できるようです。その復旧期間の目安は数日~1週間くらいのところが多いようですが、それでも障害の程度によっては期間が延びることもあり得ます。もし急ぐ場合は、事前に何社かに連絡をして、復旧期間が短い業者を選ぶといいでしょう。

 

 女性の病気  マカの効果

復旧業者にデータ復旧を依頼する際は、当然のことながら復旧費用が発生します。
データ復旧作業のやっかいな点は、実際に破損したメディアを送付して復旧業者に診断してもらうまで、データが取り出せるか否か、あるいはデータの何割が戻るかといったことがわからないことです。あわててヘンな復旧業者に依頼してしまうと、「データは戻らないのに費用だけが発生した」ということにもなりかねません。費用の安さは確かに復旧業者選びの重要なポイントではありますが、それ以上に大切なことは「費用は成功報酬か」ということでしょう。

復旧費用が成功報酬になっている場合、復旧に成功したときだけ費用を払えば済みます。またこのタイプの復旧業者では、診断の途中経過によって復旧作業をキャンセルすることができることも多いようです。こうした復旧業者は良心的なので、腕のほうもある程度信頼できると言えます。このタイプの業者を何社か比較して、費用が安いところを選ぶといいでしょう。

 

 デニムダンガリー  高齢出産のノウハウ

復旧業者にデータ復旧を依頼する際、最も気になることの一つに「費用」があります。
データ復旧サービスを利用するということは、「費用ならいくらでも払うから、何とか復旧してくれ!」という心境なのだと思います。しかし、データ復旧サービスが乱立している昨今、高い費用を出したからといって、必ずしも良い仕事をしてくれる復旧業者ばかりではないというのが悲しいところ。データが読み書きできなくなってあせる気持ちはわかりますが、ちょっと深呼吸でもして、「腕が確かで費用も安い復旧業者」を探してみてはいかがですか。

データ復旧費用は、その媒体の条件や状態、そして業者によっても違ってきますので、一概に「ここが安い」「相場はいくら」と言えるものではありませんが、ホームページで「基本料金」を明らかにしている業者も多いので、ある程度の目安にはなるでしょう。一番確実なのは、事前に何社かと電話もしくはメールで連絡を取ってみて、費用を比較してみること。もちろん費用以外にも、「対応は親切か」「信頼できそうか」など、総合的に選ぶことが大切です。

 

 ジョブアイデム  デコメールで携帯生活
カテゴリー
更新履歴
データの復旧期間はどの程度重要か(2009年7月 3日)
データ復旧にかかる期間(2009年7月 3日)
データ復旧費用の発生(2009年7月 3日)
データ復旧の費用(2009年7月 3日)
カテゴリー
更新履歴
データの復旧期間はどの程度重要か(2009年7月 3日)
データ復旧にかかる期間(2009年7月 3日)
データ復旧費用の発生(2009年7月 3日)
データ復旧の費用(2009年7月 3日)